イタミ


2013/09/28 Live

lyrics: kei
music: hyperdb
arrange: hyperdb & soul of ‘S’


あなたの指先に わたしの唇を
赤い月の光 ときの流れ止める
あなたの耳元に わたしの囁きを
甘く香る夜は 刹那の煌き

蜘蛛の巣の雫のように
澄んで揺れて震えて堕ちる

感じないはずの心のイタミ いつだって微笑んであげる
勘違いは誰だってするの だけどわたしはあなたのモノじゃない

あなたの首筋に わたしの口付けを
真紅のはなびらは 触れるほどに香る
あなたの胸元に わたしのため息を
重なる舟の影 波間をたゆたう

蜘蛛の巣に囚われた蝶
泣いて濡れて足掻いて堕ちる

慣れてるはずの心のイタミ いつだって狂わせてあげる
壊れるほど抱き締めればいい だけどわたしはあなたのモノじゃない

蜘蛛の巣に戻れない蜘蛛
拠れて飢えて渇いて堕ちる

持たないはずの心のイタミ いつだって楽しんであげる
涙なんて見せてあげないの だってあなたはわたしのモノじゃない




コメントを残す